top of page

目指せ!省エネ基準のクリア

どのような条件が整うと、省エネ基準を満たすのでしょうか。

​住宅省エネルギー性能証明書発行までの条件を整理します。

ソーラーパネル技術者

​省エネ基準を満たすポイント

ズバリ 省エネ基準を満たす既存住宅とは

マンションの場合

●ペアガラス

●ガス床暖房

×電気式床暖房は不可

●給湯機がエコジョーズであるとより有利

​●周囲の住戸にある程度隣接している住戸

​●断熱材の種類、範囲と厚さについて、図面等で確認できること

⇒必ずしも中住戸でなくても、相当な割合で基準を満たす傾向にあります。

戸建住宅の場合

​●木造の大手ビルダー

●Low-Eペアガラス

×電気式床暖房は不可

●給湯機がエコジョーズであるとより有利  

​●省エネ基準を見越した断熱材であること

×壁や天井の断熱材が10K100mm程度しかない

●フラット35Sの適合証明書があること

●省エネ計算書があること

●矩計図があること

これらの条件が整っていると、省エネ基準を満たす可能性が高くなります。

審査に必要な書類

必要書類リスト

マンション用の必要書類はこちらをご覧になってください。

bottom of page