top of page

戸建て向けのZEHマンガ

更新日:5月13日

国土交通省が、ZEHの普及を目指したマンガを作成しました。


このようなツールがどれだけ効果的かはわからないものの、無いよりはいいと思います。


そもそも、省エネに興味がある層というよりは、関心がない層を惹きつけないと、効果があったとは言えないですが、どうやってアプローチするかにかかっています。




住宅展示場では、ZEHを謳わないハウスメーカーなど皆無ですから、このマンガが効果的という状況ではないでしょうが、注文住宅の打ち合わせ時にどのような省エネ性能とするか悩んだ場合に参考になるかもしれません。


建売り住宅はもしかしたら、ZEHの情報が無い可能性があります。

しかしまさか、販売現場でZEHじゃないのにこのチラシを置くわけにはいきませんから、販売前の段階で買主にアクセスできないと、情報が伝わりません。


住宅情報誌とか、メディアでこのようなコンテンツを発信していくと伝わりますでしょうか。


あとは、銀行の融資条件に差を設けたりできれば気がつくかもしれないですが、担保価値として優遇する融資基準とするかどうかは、銀行のポリシーによります。


やはり、伝えたい人にどうアプローチするかという方法にかかっているし、限度があるだろうと思います。


こちらの一連の資料の後段に省エネのメリットのページがありましたので、参考に掲示されていただきます。



こういった内容は、近年の健康志向の高まりも相まって、真剣に読めば十分に食いつくだけの素材であると思うのですが、感じ方は人それぞれですからね。


まだまだ、惹きつけるだけのコンテンツになりきっていないでしょうか。

ビジュアル的に伝えにくい内容をどのように伝えていくか、その取り組みの方が難度が高く、より重要であると思います。


マンションのZEHについては、今後別途お伝えしようと思います。

Comments


bottom of page